「業務用エアコンのエラーコード」はこちら

2020-01

Debian10でサーバー構築

Debian10でサーバー構築 イメージの入手とインストール

今回はユーザーフレンドリーなLinuxディストリビューションのUBUNTUの基になっているDebianでサーバー構築する方法を説明します。 「Debian」は2019年7月にメジャーバージョンアップしました。(2020年1月時点で10.2が最新バージョン)これまでは9系がstable(安定版)最新バージョンでしたが、今後はDebian 10(コードネーム buster)がstableの最新バージョンになります。 Debian 10はstableになりますので、2019年から5年間のLTS(Long Term Support 2024年7月まで)が提供されるバージョンです。 今回はデスクトップ環境を入れずにインストールします。
Debian10でサーバー構築

初期設定Ⅰ vim設定 ・ネットワーク設定・時刻同期設定

・vimエディタのインストールと設定 ・ネットワークの設定を行いホスト名の変更と固定ローカールIPアドレスを設定 ・サーバの時刻同期設定さて、Debian10 busterのインストールも終わり、いよいよサーバーの本格的な構築を行いますか゛、本サイトではSSHによるWindowsからのリモート接続、ウイルス対策、SSl証明書による情報の暗号化、データベースの導入等多数の設定が必要になります。 今回は基本としてパッケージマネージャのaptを使いインストールしていきます。
Debian10でサーバー構築

初期設定Ⅱ SSHサービス・ファイアウォール設定

Debian10インストール後の初期設定その2として次のことを設定します。 ・SSHサービスのセキュリティ設定 ・ファイアウォールとしてUFWの設定 1. SSHサービスのセキュリティ設定 SSHサービスはデフォルトでrootユーザーのログインを許可しています。rootユーザーはユーザー名が既に判明しているためパスワードが判明すると、管理者権限でサーバーへログイン出来るため、これを拒否する設定を行います
タイトルとURLをコピーしました