「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」はこちら「業務用エアコンエラーコード」はこちら

2019-11

CentOS7.6でサーバー構築

WordPressインストール(Apache2.4、Mysql、PHP7環境)

Wordpressインストール(Apache2.4、Mysql、PHP7環境) █ インストール条件  Apache2.4、Mysql、PHP7環境でバーチャルホストとしてインストールする █ インストール順序 サブドメイン公開用WEB(blog1.example.com)のディレクトリー作成 サブドメイン公開用WEB(blog1.example.com)のデータベース(blog1_database)作成 Apache設定ファイルの編集(httpd.conf) Wordpressインストール サブドメイン公開用WEB(blog1.example.com)のディレクトリー作成 # mkdir -p /var/www/html/blog1.example.com # chmod 705 /var/www/html/blog1.example.com # systemctl restart httpd.service
レンタルサーバーとクラウド

オススメのVPSは?(12/2更新)

最近では趣味や仕事で作ったプログラムを公開したい時に、VPSが選ばれることが多くなっています。 レンタルサーバーよりも自由度が大きく、専用サーバーやクラウドよりも安く利用できるVPSはコスパの良いサービスとして親しまれています。 VPSとは何か VPSという用語を聞いたことがあるけど、具体的にどのようなものか分からない方もいるかと思いますので、少し説明したいと思います。 VPSとは「Virtual Private Server」の頭文字を取ったもので、日本語に訳すと「仮想専用サーバー」となります。 一つのサーバーに、仮想コンピューターをいくつか起動させ、利用者はその仮想のコンピューターを管理者として操作できるサービスになっています。
CentOS7.6でサーバー構築

Let’s EncryptをCentOS7.6に導入SSL化

Let's Encryptとは! Webサイトの開発などのために、ローカルネットワークに設置したサーバのSSL/TLSサーバ証明書を用意する場合、今までは自己証明書を発行して利用していました。 警告が出るなどの多少の不具合を気にしなければ自己証明書を利用することで事足りていたのですが、ブラウザ通知機能を使う際には、承認された認証局が発行した証明書であることが求められるため、自己証明書だけではエラーになってしまいます。自己認証局の証明書を各ブラウザにインストールするとエラーを回避することができるのですが、検証対象の全てのブラウザにインストールする必要があったり、スマホやタブレットの場合はインストールできないこともあります。 これらの事態を解消するには、有償のSSL/TLSサーバ証明書発行サービスを利用するしかありませんでした。 しかし最近では、Let’s Encryptによる無償のSSL/TLSサーバ証明書発行サービスが利用できるようになりました。今回はこのサービスを利用して、SSL/TLSサーバ証明書を取得してCentOS7.6に導入します。
光回線・モバイルWiFi

光回線を選ぶときの注意点!

光コラボレーションとは、NTTから光回線を借りて、「別のブランド名」で提供するサービスです。たとえば、ドコモ光やソフトバンク光などが代表的なサービスで、各サービスごとにプロバイダがセットになっていたり、自分で複数のプロバイダから好きな1社を選べたりします。そのため、料金はお得なのに、フレッツ光とほぼ変わらない品質の回線を使うことができます。
光回線・モバイルWiFi

光コラボレーションとはなに、フレッツ光とどこが違う?

光コラボレーションとは、下図のようにNTTの回線を他の事業者が間に入って「別のブランド」で提供することを言います。 光回線はNTTのものをそのまま使うので、回線の速度や安定性はそのままになります。 この事業者(図のA社)には例えば以下のような会社が存在します。 ソフトバンクなどの他の通信事業者 丸紅テレコムなどのNTTの代理店をしていた会社 TUTAYAなどの通信業界以外の会社
レンタルサーバーとクラウド

無料でSSL利用できるレンタルサーバー!

Let’s Encryptはアメリカの非営利団体ISRG (Internet Security Research Group)が無償提供しているサービスです。 証明書の発行、インストール、更新を自動化したことに加え、世界中の企業・個人からの寄付で運営されている非営利団体なので、無償で提供できているわけです。 2015年ごろまでは安くても数千円するSSL証明書を利用しているサイト、もしくはSSL化されていないサイトがほとんどだったのですが、Let’s Encryptの登場後は世界的にSSL化が進み、Googleも「SSL化してあるサイトを評価する」と発表するまでに至りました。 Let’s Encryptの有効期限は90日間と短いのですが、これから紹介するレンタルサーバーでは自動更新機能が搭載されていますので、うっかり更新し忘れて有効期限が切れていたというようなことが起こりません。Let’s Encryptの使えるレンタルサーバーを次に紹介します。
レンタルサーバーとクラウド

LOLIPOPレンタルサーバーはコスパが良い!

GMOペポパ株式会社より提供されているレンタルサーバー「[affi id=15]」は、利用者数170万人、運用サイト200万件を超える大人気のレンタルサーバーです。 コストは抑えつつも、個人でも法人でも利用できるよう機能が充実しているコストパフォーマンスなのが最大の特徴です。 1.LOLIPOP!レンタルサーバーの特徴 LOLIPOP!の大きな特徴としては、スタートまでのらくらく設計・安定した高速サーバー・親切な徹底サポートなどが挙げられます。 WordPressの簡単インストール 大人気のCMSのWordPressやEC CUBEをわずか60秒でインストールすることが可能です。 面倒な設定が不要で、CMSを使ったサイト制作にすぐに着手できます
光回線・モバイルWiFi

NURO光の料金 マンション 一戸建て で評価!

NURO光は、他の光回線と比べて料金が安い上に、高額キャッシュバックキャンペーンを行っている窓口から申し込めば、さらにお得に利用することができます。 2019年11月現在、NURO光の最もおすすめの申し込み窓口は、正規代理店の『[affi id=42]』です。 1. NURO光の料金は他の光回線より安い NURO光の月額基本料金は、他の光回線と比べてお得です。特に、大手光回線と比較すると、戸建ての場合は格別に安いです。
レンタルサーバーとクラウド

クラウドサーバーとレンタルサーバーは何が違う

サーバー選びをする際に、レンタルサーバー、クラウド、VPSや専用サーバーなど、さまざまな種類がありますが、何が違うのでしょうか。それぞれの特徴を説明しますので、あなたに会ったサービスをお選び下さい。 レンタルサーバーには、「共用サーバー」「VPS」「専用サーバー」など種類がありますが、一般的に「レンタルサーバー」は「共用サーバー」を意味しております。 レンタルするという意味では、クラウドも同じですが、クラウドには使いたいときに使いたい分だけ使えるという定義があるため、レンタルサーバーとは異なるサービスとして分類されています。
レンタルサーバーとクラウド

クラウドサーバー比較

クラウドサーバーは安定性が高く、クラウドアクセスの状況に合わせて自由にサーバーを拡縮することが出来ます。 その為、小規模サービスから大規模サービスまで安定した運用が可能であり、メディア関連やECサイト、ゲームサービスなどで真価を発揮します。
スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました