「業務用エアコンのエラーコード」はこちら

2019-11

光回線・モバイルWiFi

光コラボレーションとはなに、フレッツ光とどこが違う?

光コラボレーションとは、下図のようにNTTの回線を他の事業者が間に入って「別のブランド」で提供することを言います。 光回線はNTTのものをそのまま使うので、回線の速度や安定性はそのままになります。 この事業者(図のA社)には例えば以下のような会社が存在します。 ソフトバンクなどの他の通信事業者 丸紅テレコムなどのNTTの代理店をしていた会社 TUTAYAなどの通信業界以外の会社
光回線・モバイルWiFi

NURO光の料金 マンション 一戸建て で評価!

NURO光は、他の光回線と比べて料金が安い上に、高額キャッシュバックキャンペーンを行っている窓口から申し込めば、さらにお得に利用することができます。 2019年11月現在、NURO光の最もおすすめの申し込み窓口は、正規代理店の『[affi id=42]』です。 1. NURO光の料金は他の光回線より安い NURO光の月額基本料金は、他の光回線と比べてお得です。特に、大手光回線と比較すると、戸建ての場合は格別に安いです。
光回線・モバイルWiFi

モバイルWiFiとは? WiMAXがおすすめ!

モバイルWiFiとは、「家でも外でも持ち運んで自由にインターネットができる通信端末」のことです。 「WiMAX」もモバイルWiFiのひとつです。 1.1 モバイルWiFiの特徴 特徴1. 回線工事及び配線・設備が不要 モバイルWiFiは、回線工事をしなくても、インターネットを利用できます。 モバイルWiFiは、無線でインターネットが利用できるので、配線・設備がいりません。 自宅で開通工事をしなくても、契約したその日にインターネットが使えるようになります。 特徴2. 屋内、屋外いずれでも使用可能 モバイルWiFiは、家の中だけでなく、カフェや公園など、どこでもインターネットが使えます。 新幹線の中や地下街、地下鉄の中でも使える場合があります。 特徴3.通信量が多い場合は料金が安くなる モバイルWiFiは、「無制限」プランを契約することで通信料を安くすることができます。 ただし、スマホやタブレットでパケット定額サービスを契約している場合に限ります。
光回線・モバイルWiFi

NURO光の最善な申し込み方法!

1. NURO光のキャッシュバック注意点! 1-1.NURO光の契約窓口 NURO光でキャッシュバックを受け取れる契約窓口は、「NURO光公式窓口」と「代理店経由の窓口」の2つ。 NURO光が実施しているキャンペーンは、基本的にNURO光を使う人全員が受けられます。 対して、代理店が実施しているキャンペーンは、窓口によって、対象者や内容がガラリと変わります。 1-2.公式窓口はすぐにキャッシュバックがもらえない 2019年11月現在、33,000円の高額キャッシュバックキャンペーンを行っていますが、下記の通りNURO光に注意書があります。
レンタルサーバーとクラウド

VPSとはなに?

VPSは、実際は共用サーバーでありながら仮想化技術により専用サーバーと同等の機能を備えた、仮想的な専用サーバーを指します。 共用サーバーとは、1台の物理サーバーを複数のお客さまでシェアして、その一部をお客さまへ提供するものです。 専用サーバーとは、1台の物理サーバーをまるごと1台、お客さまに提供するものです。 VPSとクラウドはいずれも仮想化技術を使って仮想サーバーをお客さまへ提供している点は共通していますが、次のように異なる点があります。
レンタルサーバーとクラウド

SSLとは? なに

SSLとは? レンタルサーバーにも色々ありますが、今回はSSLに注目して比較記事を作成してみました。 レンタルサーバーのサービスを比較していると、SSLと言う単語をよく目にします。 実はこのSSL、サイトの信頼性・安全性を高める場合は必須とも言える機能なのです。 SSLの基礎知識から、SSLでのレンタルサーバー比較まで! SSLに関する情報をまとめてみましたので、サーバーを選ぶ時の参考にしてください。
光回線・モバイルWiFi

光回線を選ぶときの注意点!

光コラボレーションとは、NTTから光回線を借りて、「別のブランド名」で提供するサービスです。たとえば、ドコモ光やソフトバンク光などが代表的なサービスで、各サービスごとにプロバイダがセットになっていたり、自分で複数のプロバイダから好きな1社を選べたりします。そのため、料金はお得なのに、フレッツ光とほぼ変わらない品質の回線を使うことができます。
CentOS7.6でサーバー構築

WordPressインストール(Apache2.4、Mysql、PHP7環境)

Wordpressインストール(Apache2.4、Mysql、PHP7環境) █ インストール条件  Apache2.4、Mysql、PHP7環境でバーチャルホストとしてインストールする █ インストール順序 サブドメイン公開用WEB(blog1.example.com)のディレクトリー作成 サブドメイン公開用WEB(blog1.example.com)のデータベース(blog1_database)作成 Apache設定ファイルの編集(httpd.conf) Wordpressインストール サブドメイン公開用WEB(blog1.example.com)のディレクトリー作成 # mkdir -p /var/www/html/blog1.example.com # chmod 705 /var/www/html/blog1.example.com # systemctl restart httpd.service
CentOS7.6でサーバー構築

CentOS7.6でサーバー構築 OSインストール 

CentOS7.6インストール(Linux 専用機のPC を使用する) 本ページでのインストール環境は次の通りです。 ①CUIにてインストールCUI:コマンド入力による操作GUI:Windowsのようにグラフィカルな画面での操作ができる ②Linux 専用のPC を使用する Virtualbox、VMware Playerを利用してWindows PCにインストールすることもできますが、今回は割愛します。 1. CentOS7.6 ダウンロード CentOS8.0がリリースされ公式サイトからはCentOS7.6はダウンロードできなくなっています。少し手間がかかりますが、公式サイトの中をたどっていくと深いところにまだダウンロードできるサイトが紹介されていますのでイライラせずにダウンロードして下さい。
CentOS7.6でサーバー構築

Let’s EncryptをCentOS7.6に導入SSL化

Let's Encryptとは! Webサイトの開発などのために、ローカルネットワークに設置したサーバのSSL/TLSサーバ証明書を用意する場合、今までは自己証明書を発行して利用していました。 警告が出るなどの多少の不具合を気にしなければ自己証明書を利用することで事足りていたのですが、ブラウザ通知機能を使う際には、承認された認証局が発行した証明書であることが求められるため、自己証明書だけではエラーになってしまいます。自己認証局の証明書を各ブラウザにインストールするとエラーを回避することができるのですが、検証対象の全てのブラウザにインストールする必要があったり、スマホやタブレットの場合はインストールできないこともあります。 これらの事態を解消するには、有償のSSL/TLSサーバ証明書発行サービスを利用するしかありませんでした。 しかし最近では、Let’s Encryptによる無償のSSL/TLSサーバ証明書発行サービスが利用できるようになりました。今回はこのサービスを利用して、SSL/TLSサーバ証明書を取得してCentOS7.6に導入します。
タイトルとURLをコピーしました