業務用エアコン関連の技術情報、エラーコード、環境問題対策に関する別サイト「エアコンの安全な修理・適切なフロン回収」

2019-10

CentOS7.6でサーバー構築

CentOS7.6でサーバー構築 事前確認と設定

このサイトでは、LinuxディストリビューションのひとつであるCentOS(The Community ENTerprise Operating System)で自宅サーバーを構築したときの手順です。 CentOSは企業向けLinuxで最もシェアが高い「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」を基に作られている“RHELクローン”。 最近はクラウドサーバーを利用したCMSでのサイトが多く見受けられますが、あえて自宅にHPの中古サーバー機(富士通の中古サーバーなら20,000円位で購入可能)と自作PC(マザーボードはサーバー用で高品質なSupermicro製、CPUはXeon、メモリーはECC付き)にてサーバーを構築し約3年になります。かなり昔Linuxの勉強をしていましたが当時は情報も少なく挫折し、仕事にも余裕が出てきたことをきっかけに(私は今67歳です、こんなじいさんがやれたのですから、皆様も是非チャレンジしてください)、再度本格的にLinuxの勉強を始めました
スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました